本文へスキップ

自分を磨く!学んで磨く!!

方針 入塾 FAQhow to join DEN

方針

暗記を中心とする勉強法は、短期的な成績を左右します。
浅くて狭い範囲で他人との知識量の比較に一喜一憂するのが好きな人にはそれもいいでしょう。
でも、あなたという個性は、学校の成績や模試の偏差値で量られてしまう存在ではないはずです。
他方、わからないことをあきらめずに自分で考え続けた末に、解法が”見えた”瞬間の喜びは、
努力を惜しまない人間の特権です。たとえ、短期的には成績が悪くても、こうした喜びの経験は
長期的な自己形成につながり、人生の選択時に”自分らしく生きる”方向を自分で決定する
掛け替えのない財産になっていきます。

DENの指導は、短期的な成績を重視していません。
DENには、数量化されたデータの集積では示せない表現や着眼点でその時々の学力を判定し、
一人一人の性格に合った勉強法を指導する力があるからです。
ただ、このDENが有する特長を利用して、半年後に成績が伸ばせるかどうかは、
本人の継続的な学習意欲にかかっていることをお忘れなく!

したがって、DENで学ぶのに適しているかどうかと入塾の時点である程度できるかどうかは
関係がありません。今まで勉強をやっていないなら偏差値40台もうなずけます。
”授業についていけるでしょうか?”と言う質問には、
”志望校に本気で入りたい気持ちがあれば大丈夫です”とお答えいたします。
DENが入塾を歓迎するのは、半年から2〜3年後の入試や検定を見据えて、
自分の夢を実現させるためには努力を惜しまないあなたです。

逆に、勉強をやっていると言うプライドがある人は、学内成績が◎とか5とか、偏差値が60だとか
小さな自慢をする前に、基礎問題では絶対に間違えないところまで研鑚を積みましょう。
好きな教科の成績に上限はありません。

言うまでもないことですが、今必要な勉強をするのに、年齢上限もありません。
(*DENには、50代後半男性を薬科大学合格まで導いた経験もあります)
人生で勉強が必要な時期とは、知的好奇心や必要性を満たすべく勉強をしたくなったそのときです。
ですから、小、中、高、高卒生は勿論、高認生、社会人の学習意欲のある方をDENは歓迎いたします。







入塾
お問い合わせから
学習開始まで


  1. お問い合わせの前にご一読をお願いします。

    以下の内容にご賛同いただける方からの
    お問い合わせをお待ちいたしております。

    はじめに、入塾後成績を伸ばす鍵は


    DENと本人と保護者の信頼関係です。そして、その大前提は、精神的・肉体的健康です。1日数時間の自宅学習時間をとる上でなんらかの制約がある受講希望者の場合は、素人判断をせず必要に応じて医師の客観的な判断に従い、保護者全員の同意が形成された上でそのことをDENに隠さずお問い合わせください。

    つぎに、自宅学習量の目安ですが

    DEN中学部では、本人の努力しだいで指導要領範囲(公立中学の学習範囲)5科の全教科北辰偏差値60以上、5科総合で68以上を「維持」可能な指導を行っております。入塾前の学力は問いませんが、入塾後は、志望内容に必要なだけ成績をあげて、その成績を「維持」する家庭学習時間が前提の指導となります。個人差がありますが、北辰偏差値68以上を継続する目安は、中1中2で2時間×5日以上、中3で3時間×6日以上です。

    *相対評価である偏差値の「維持」には努力が必要です。母集団のレベルが上がるほど個人の相対評価は下がるからです。恥ずかしながら、DEN塾長本人は、中学3年間で一度だけ模試の総合偏差値が70を下回った苦い経験がありますが、そのときも1日3時間以上の学習時間はとっていました。

    DEN高校部では、中学部同様入塾前の学力は問いませんが、まずは、河合塾様の科目別偏差値62.5以上の維持を受験のスタートラインとして最初の目標とし、最終的には苦手教科でセンター得点率8割の実現を意識してもらいます。自宅学習量の目安は、高1で4時間×6日以上、高2以上の大学受験生で6時間以上といったところでしょうか。

    そして、成績を伸ばす塾生となる本人の必要条件は、3点です。
    優秀なお子さんで3点を満たさない歴代塾生はいません。
    (十分条件ではありません)

    @自らの意志で学ぶのに必要な50分以上の集中力
    (余談過多、体の一部を動かす、咳払い等は精神の安定が先決)
    A集金や休みの連絡等の伝達力と忘れ物をしない誠実さ
    (家庭環境と育ち方、保護者の思考法が反映)
    B講師の指示に従い自助の為の目的的行動をとる意思力
    (可能なことを日々蓄積する謙虚さと合理性)

    また、成績を伸ばす塾生となる保護者としての必要条件は、

    お子さんを本当の意味で信頼し、本人が本気で勉強を始めてから短くとも6ヶ月から2年以上様子を見守ってあげる保護者の忍耐力です。


    *残念ながら、お子さんを信頼できない保護者の行動は…
     
    ご自分が子離れできないため
     中学生になったお子さんの勉強をチェックし続けたり
     
    ご自分が口に出すことを我慢できないため
     「勉強しなさい」と、本人の学習意欲をそぐ言葉を発したり
     
    ご自分の判断力が勝るとの誤った認識で
     (ほとんどの親に、実子は他人の子より幼く見えます)
     身内だけ必要以上の子ども扱いをして
     本人にプラスにならない秘密を作ったり
     キチンと叱り、しつけたほうがよい場合に甘やかす
     といった形で典型的に現れます。 

    保護者によるこうした言動による日々の暴力の結果
     お子さんは自分が親に信頼されていないという心の傷を
     ひろげます。その結果は想像に難くないはずです。

    ご自分の学歴や職歴に関係なくお子さんを伸ばす保護者になるには体裁を取り繕わずにお子さんと共通である保護者自身の弱点を認め保護者もそれを改める努力をしてお子さんと真正面から向き合う勇気と誠実さが必要です。
    ご自分よりも高い学歴をお子さんに望むということは
    ご自分にはできなかった勉強量をお子さんに望むことですから。

    親の言うことは聞かなくても親の行動は見ていて、親の言動の矛盾に気づいていても親の弱点を温かく許すのが自分の子供です。4時間程度の勉強体勢に入り、思考力の備わりつつある中高生には、親や教員の幼稚なうそや見栄はけっして通用しません。保護者の方こそ怖がらずにご自分のDNAの可能性を信じ、健全な親離れの過程にあるお子さんときちんと子離れする謙虚さをご自分には課してください。

    なお、東京大学大学院等で入学要件として課されるようになりつつあるSTEP英検以外のCambridge ESOL, IELTS, SAT等各種検定のお問い合わせ

    も頂いておりますが、現時点、現地域でのDENの使命は、スーパーグローバル大学など国内の最上位校の学部に入学してから3〜4年時専門課程レベルで通用する英語と国語の思考力を蓄える手伝いと認識しております。現実として、毎年、国立大学や東京六大学の院試の相談はございますが、上記各種検定に対応する集団指導講座開設の予定はございません。



    お問い合わせ
    面接日時のご相談

    ご本人の登塾可能な日時を確認の上、数日前に電話090-2647-8133で連絡をお願いします。お名前、在学校と学年、学習状況と志望をお尋ねいたします。
  2. 受講生との面接
    想定される状況
    学習計画のお話


    お約束の日時にDENの説明をいたします。成績のわかる資料と具体的な志望があれば、指導をお引き受けした場合に半年から2年後くらいまで想定される状況(小学生で入塾以来成績を伸ばし続け、最上位大学を目標に高校生まで継続通塾する生徒が在籍する塾です)と、現時点で実効性のある学習計画のお話ができます。*面接時に入塾受付はしませんので本人だけでも保護者同伴でもどちらも大丈夫です。書類の記入や費用はもちろん不要です。
  3. 受講意志確認


    本人の意欲とご家族の承認を前提に、翌月の月初から通塾になります。受講意志が明確になりましたら、入塾3日前までに連絡してください。その時点で、テキスト等の注文、作成を開始いたします。*トップレベルの大学の英作文指導や海外の大学受験を希望されている場合は、海外からテキストを取り寄せる事もありますので(ここ数年では、オックスフォード、ケンブリッジ、ハイペリオン、パン、ブルームズベリー、マクミラン、メリアンウエブスター、ロングマンなどの書籍を使用)受講開始の1ヶ月前にご相談ください。
  4. DEN入塾
    学習開始
    1本が2時間の
    自宅学習を表示

    中学入学

    中1



    高校入学





    大学入学




    大5修1
    大6修2


    ところで、中高大の学校の授業が1日6時限とした場合の国公立最上位校群通学者の一般的な最低家庭学習量はこちらです。あなたは自分の志望に見合うだけの勉強量を継続してきていますか?
  5. 「集団授業」「個人指導」講座は、開講日に費用(入塾金と*月謝) と筆記用具持参で登塾してください。
  6. いよいよ学習開始。目標を達成する日まで、結果を急がず、自分の能力を信じ、ベストをつくしてください!         
  7. Where there is a will, there is a way.
  8.    Seize the day!  



FAQ よくあるお問い合わせ

学力が低く、レベルについていけるか不安ですが?

上でも申し上げましたが、DENで学ぶのに適しているかどうかと入塾の時点である程度できるかどうかは関係がありません。新入生には、北辰偏差値50以下の生徒もいます。動機に裏づけされた学習意欲が継続すれば、場合によっては、入塾の時点で成績が低いほど伸びしろがある生徒さんである可能性もあります。
学習の進捗状況は、学習者の個性によります。同じ偏差値の複数の生徒が同じ勉強を始めても、家庭環境、読書量、思考方法等はもちろんのこと模試の設問形式によっても成績の伸びが違うのが常です。また、入塾後すぐに得点や偏差値を向上させるような一見要領よく見える生徒であっても、残念ながら、視野が狭く自分で考える習慣がなかったり、知的好奇心を育めないために継続的な学習ができなかったりする場合には、その後伸び悩む(場合によっては退化する)のも道理です。これは、社員を研修する立場の保護者の方であればよくご存知のとおりです。
短期的な軽い努力で手に入れられるものは、短期的な軽い満足感を与えておしまいという図式は、おそらく何の世界でも同じなのでしょう。初学者の今日の努力は、自分の誇りを満たしながら、10年後に大輪の花を咲かせる通過儀礼となりうるものです。しかし、皮肉なことに、特に保護者が自己満足のために目に見えるすぐに実現可能な成果を求めすぎると、最終的に本人が手にできるものはそれほど期待できなくなります。
学習の目的とは、おそらく、学習者が努力を継続することで自分の個性を知り、その個性に合った縦糸と横糸を縫い上げた衣を盾に、風雪を乗り越えながら自分の居場所を確保して次世代にそれを引き継ぐ長い道程を示す道しるべを手に入れることです。理想の先生、高校、大学、職業探しは、生涯続くオリエンテーリングの地図探しであり、その時点時点までの学習で手に入れた価値ある情報の(イーライ=パリザー氏が指摘するようにこの収集も大変難しいものです)http://www.ted.com/talks/lang/ja/eli_pariser_beware_online_filter_bubbles.html総動員によって準備した地図をヒントに、目的地へ自己の判断で向かうのが人生なのでしょう。


光栄にもあなたの人生の刹那を共有できるプロとして、DENは決して努力を惜しむことはありません。


体験授業はありますか?

体験授業は行っておりません。
入塾未定者のために、すでに費用を払っている塾生の緊張感と授業の質を低下させる危険は冒せないからです。また、そもそもDENの授業に生徒間の横のつながりはなく、「集団授業」でも「個人指導」でも、講師と生徒の真剣勝負に変わりはありませんから、周りの受講生のことを気にする方の入塾はまったくお勧めできません。DENには勉強しに通っていただくだけです。
「受講生との面接 想定される状況 学習計画のお話」の時に、実際に指導にあたる講師と直接話ができますので、入塾時には疑問点等が残ることがないように、納得いただけるまで質問してくださればと思います。


学校の勉強を見てもらえますか?

5分程度で解決する内容であれば見ることも可能ですし、良問であれば例外的に講座で扱うこともいたします。しかし、たとえDENの2−3人の「集団授業」でも学校のテキストや問題集を50分では扱いきれないことが多いです。
とくに私立中学校と私立高校の学校の課題は、問題の範囲もレベルも多様で本人の理解範囲を超えていることが多いのです。付け焼刃的に短時間で理解できていない箇所の解答だけを暗記させ学校の課題を提出させる、といううわべだけの学習をすればするほど思考力は低下します。さらには、他人に依存させる人格に変化させ、長期的な本人の学習意欲と学力向上には致命的な阻害要因になるケースさえございます。

DENが今まで中学受験の指導を断り続けている理由はここにあります。中学入試の設問には、国語はもちろん社会にも理科にも、小学生に理解できるはずのない先取り分野を出題者の浅知恵を駆使して誘導し答えを選ばせる型の愚かな設問が多々あり、志望校によってはもっとも大切な子供の思考意欲を奪い取ってしまう結果を招きかねないのです。

ですから学校の課題等をきちんとこなす趣旨の入塾ご希望の場合は、
「個人指導」をご利用ください。「個人指導」では小学部の英語と算数、中学部は全教科、高校部では英語、現代文、小論文等入試最重要科目に関して、私立の補習や個別の質問等にも、基礎に十分な時間を割くことによって個人個人の現在の理解力にあわせた納得のいく対応が可能となります。



       


CUB DEN
holding balloons
drawn by Yurina

 Like CUBDEN,
 holding balloons,
 go up to the school
  you like, will you ?
 カブちゃん みたいに
 風 船 に ぎ っ て
 志 望 校 ま で
 ふ わ 〜 り ふ わ り

 月末にお問い合わせ

翌月初より通塾可能
 
2019
塾生募集チラシ

重要
お問い合わせ前に必ず
@「入塾」ページを読み
A以下3項目の確認を

 1  氏名(よみがな)と連絡先  (電話と在宅時間)
 2  在学校・学年
 3  志望大学学部と
志望理由
 
 
090-2647-8133

大学受験DENは個人塾で
電話に出られないことがあります。
 
 英語学習の
参考に
ニュース映像で勉強 
http://rt.com/ 
 映画で勉強 
 http://www.imdb.com/
俗語もわかる辞書 
http://ja.urban
dictionary.com/
 
*各ページの写真やイラストはイメージです*